ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

幼い姪に告られた……

    19-08-20 02:08

    妻の妹が遊びに来た。 姪の美香はC3年で小さい頃からよく懐いていた。 小1からクラシックバレーを習い、背は高いがやせっぽち。 小5の少し胸が膨らんだ頃まで一緒に風呂に入ってた。 「美香も大人の体になってきたから、もう俺と一緒にお風呂に入るのはまずいだろ?」 「おじちゃんは好きだからいいの」 と言っていた。 先日、妻姉妹が実家へ行くということで美 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□まだ19歳のロリ妻が、私のED治療で他人棒を経験した(転載禁止)

    19-08-20 02:08

    私はもうすぐ40歳になるが、まだ19歳の嫁がいる。出会ったきっかけは、ファミレスだ。客と店員という関係から、なぜか夫婦になった。 私はweb関係の自営業で、それなりに収入はあるが、その代わり休みがない。嫁の優乃は19歳で専業主婦をしている。150cmと小柄で、顔もどちらかと言えば童顔なので、私と歩いていても夫婦と言うよりは親子に見えると思う。 優乃は二重 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止

    19-08-19 10:44

    息子の修学旅行にあわせ、家族ぐるみで仲良くしているご近所さんと温泉旅行に行く事になりました。高橋さん夫婦は、年齢も私たち夫婦と同じ38歳で、息子が幼稚園の時からの付き合いです。 子供達も含めて遊園地に行ったり旅行に行った事もありますが、子供達抜きでの旅行は初めてで、たまには羽を伸ばしたいなと思っていました。 ただ、出発直前、高橋さんの奥さ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

夫が単身赴任で妄想が止まらない私は、とうとう業者の男の人に……

    19-08-19 10:43

    夫は単身赴任中です。 いつも家にいることが多く外にはあまり出歩かないほうです。 家の中にずっといると、むらむらすることがあります。 たまに訪れるセールスや宅急便の男性を見て、いやらしい想像をいつもしてました。 もし、この男性に抱きつかれたらどうしよう・・・ もし、この男に抱きついたらどうなるかしら・・・ 妄想はついに行動となりました。 一ヶ月 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

若い巨根の彼氏とした夜は、夫とのエッチも燃えてしまう

    19-08-19 06:16

    私の彼はちょうど一回り半下でまだ20代半ばです。 パートで働いている紳士服のお店に彼がアルバイトとして入ってきたんです。 今から4年前の事だから、私は42歳くらいでした。 私が任されていた部門に配属されたので、初日から私はつきっきりで色々と教えてあげました。 最初は一回りも離れてるし、「かわいい〜」って言う感覚しかありませんでした。 明るくて素直 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ネットで母名義でバイブを買ったら、思い通りになった

    19-08-19 06:15

    ネット通販で母の名前でバイブを注文したら3日後に宅配便で届いた。 俺は通販の箱を知らん顔してテーブルに置いて母が仕事から帰るのを待ち、開封する母を観察した。帰宅した母はすぐに包みに気がつき不思議そうな顔をしながら開封したが中身を見てすぐに包み直して自分の部屋へ持って行った。 それから数日はいつもと変わらない日々が続いたが、1週間後から時 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

嫁がゴーヤを突っ込まれて

    19-08-19 06:15

    皆さんが投稿されてるほどの凄い話ではありません。 ただ変な趣味の夫婦の実話です。 私も妻も44歳で地方の町に住んでいます。 妻は胸も尻も大きなポチャっというより少しデブの部類です。 ただ自慢ですが顔は美人だと思います。 妻は元々清楚というか恥ずかしがりなタイプでした。 子供の成長とともにエッチも少なくなってきていました。 その妻に変化が出てきたの <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

※夫とセックスした次の日は、息子にお仕置きされる日です

    19-08-19 06:15

    「じゃあ、先に入らさせてもらうよ」 夫はそう言って、浴室に向かいました。長風呂の夫は、私の後でお風呂に入ることが多いのですが、今日は疲れているそうで、早く寝たいと言って先に入ることになりました。 私は、キッチンで夕食の後片付けをしています。すると、後ろから息子のユウキが私に抱きついてきました。 「母さん、いまのうちだよ。声出しちゃダメだか <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4139 ページ/33110件記事
FIRST 前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索