ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

弟が帰ってきてるとも知らず、ローターオナをし続けてた私

    19-08-23 11:01

    7日は両親が田舎に一泊二日で出かけたので弟と二人で留守番になった 弟がまだ帰って無いと思い愛用ピンクローターを使い思いっきり声をだしてオナをしていたら、隣の部屋から物音がしました 『ヤバい帰ってる!?』と思い、直ぐにオナを止めて弟の部屋を開け「いつ帰ってたの?」と聞くと、弟は「一時間位前だよ」って答えた 聞かれちゃた(焦) その後、私は夕食 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ボコられてる友達を助けるために、私の母が輪姦されることに

    19-08-23 08:26

    高校1年になる私には、37歳になる母と45歳の父がいます。 父は土建関係の仕事をしており東日本大震災以降、出稼ぎ状態でした。 中学2年の頃、同級生A(悪ぶってる奴)に目を付けられ、気づけば私はクラスの仲間外れ状態になっていました。 背も低く、モヤシの様な私には彼らに立ち向かう勇気もありませんでしたから、ただ日が経つのを待つばかりでした。 部活もバ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

仲の良い後輩の母親のアナルまで奪おうとする俺

    19-08-23 05:29

    8つ下の後輩から「兄貴」と呼ばれて、かなり慕われている。 彼が中学に上がった頃に知り合い、多分一人っ子の彼としては年上の兄弟が欲しかったのかもしれない。 さらには彼の家庭はかなり冷え切っている事を知ったのは、知り合ってからすぐの事だった。 それだけに俺だけでなく、俺の周りも気を使い、それなりに彼の道を反らさないように、心がけていた。 彼の家 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□半身不随になった私が、妻のために他人棒を用意した3(転載禁止)

    19-08-23 02:53

    私は、とっさに左手で精液を受け止めました。その左手に、私の精液は勢いよくぶつかってきます。半身不随になって以来、オナニーをして射精をしても、ダラッと出る感じで勢いはありませんでした。 こんなに勢いよく射精をすることは、もう一生ないと思っていました。私は、快感にうめきそうになりながら射精を続けます。そして、出し切ると、寝室の中の様子に耳 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

嫁が入院中、お義母さんがどう見ても俺を誘ってきた

    19-08-23 02:52

    30歳既婚の会社員です。妻は26歳、1歳になる息子がいます。 お話しする内容は1年半ほど前の息子が産まれる3日前のことです。 妻の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。 義母は48歳(当時)で若いころは某歌劇団に属していたということで、お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても40歳そこそこに見られます。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

叔母の若く見える秘密は私との中出しセックス

    19-08-23 02:52

    もう40年も前になる話です。 隣の奥さんとの出来事で実は隣家は母の従弟の家で、私が子供の頃に親類という事もあり、私の父が土地を購入した際に、安かったので母の従弟に紹介したと記憶している。 同じ時期に家を建てて、母の従弟はそこに嫁さんを迎えたのでした。 当時私は6才の幼稚園児、お嫁さんは21才だったと記憶している。 子供の頃からこの嫁さんに <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

念願叶って課長の奧さんをやれた

    19-08-23 02:52

    とうとう念願がかなった。前から狙っていた課長の奥さんを犯す事ができた。社内 ナンバーワンと言われていた同期入社の雅美が結婚したのは1年前、ショックをうけたのは私 一人ではなかったと思う。しかも上司である課長とは、、、 しかしチャンスはやってきた。ある日、課の飲み会で課長が「最近仕事がきつくてアレ の時に勃たなくなっちゃったよ。」とボソッと言 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

友達の母親の水着サポーターを隠したら大変なことになった

    19-08-23 02:52

    私の小学校時代の体験談を投稿します。 当時、友達の母親で、T子さんと言う方がいました。 男の子も小学校も高学年になると、少しずつ女性に対する興味が芽生えてきますが、私もいつしかT子さんを性的な目で見るようになっておりました。 T子さんは当時30代半ば位だったでしょうか。とりたてて美人と言うわけでもありませんでしたが、今から思うと何となく男好きの <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4139 ページ/33110件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索