ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

同じクラスの処女の女の子からの手紙は……

    19-08-22 05:23

    大学に合格して入学式まで手持ち無沙汰で退屈していたある日のこと。自宅の郵便受けに一通の手紙が入っていた。封筒に差出人の住所氏名がない。捨ててやろうかとも思ったが宛名の字に何か見覚えがあった。部屋で開けてみると一番下に住所と「千紘」という名前。ふと思い出したのが高校時代2年3年と同じクラスだった女子だった。背はそんなに高くなかったが、わ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

酔って結婚直前のブスな幼馴染みと車の中であんな事やこんな事まで

    19-08-22 05:22

    Uターンで田舎に帰った僕は嫌々ながら町のいろんな行事に参加していました。 あるとき町内運動会に出た僕は、他の町内会に若い男が少なかったため結構活躍しました。 そのせいかうちの町内会が優勝したのです。 打ち上げ会では上機嫌の町内会長が自腹でお酒やオードブルをとり、すごく盛り上がりました。 僕もただ酒がのめるので調子に乗ってガンガンいきました。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

彼女をデブメガネのキモ親父に寝取られて今でも鬱になる

    19-08-22 12:24

    今思い出しても本当に鬱になります。 あれ以来、デブでメガネのキモオヤジを見るだけで殺意が沸いてきます。 聞いてください。 あれは、僕がまだ大学生の頃の出来事です。 当時、僕は三年生。季節は夏くらいだったと思います。 その頃、僕には大学で知り合った彼女がいました。 その娘は、芸能人の川村ゆきえをちょとスリムにさせたような、かなり可愛い娘でした。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた

    19-08-22 12:23

    俺は27歳の社会人で、付き合って3年経つ彼女のココロに、最近結婚をちらつかされてうんざりしている。 ココロは、155cmの40kg台で小柄で少しロリっぽい。今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。 俺としか付き合ったことがなく、キスもデートも俺としかしたことがない。もちろんセックスも俺だけだ。 歳は26歳なので、結婚を焦る歳 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

総武線沿いの激安風俗店は、エロ可愛いチャイナギャルが激安でした

    19-08-22 12:23

    先日、久々に風俗に行ってきました。 とは言っても、妻から少ない小遣いしか貰ってない俺は激安風俗店を検索し、60分8000円という激安風俗を発見した。しかも指名料・ホテル代すべて込み込み。 嬢がチャイというところが気になったが…。早速受付を済まし、嬢の待つマンションの1室へ向かった。インターフォンを鳴らすと、指名したマロンちゃんが出てきた。驚く事に <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ゴム買いに行ったら、気だるいお姉さんだった

    19-08-22 12:23

    大学時代の話 その時なんとなく付き合っていた女(フリーター・19歳・金髪)が、一週間ぶりに部屋に来ることになったのだが、コンドームが切れていたことに気づき、慌てていつもの近所の薬局に駆け込んだ。 店に入るといつもいるハゲオヤジではなく、なにやら気だるいお姉さんが白衣を着て 座っている。どことなくチューブの元嫁に似ているような感じだ。 普段は、 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

※姉さん女房の妻と、おねだり上手の巨根の後輩2(転載禁止)

    19-08-21 07:47

    私は、亮との一件があって以来、妙なことばかり想像するようになってしまった。妻の遙香が、亮の巨根に貫かれる姿……。そんなことばかりを考えるようになってしまった。 妻は、亮とのことは一切話題にしないし、何もなかったような感じでいる。あの時、勢いとはいえ、亮のペニスを手コキしてしまった彼女……。胸も揉ませて、射精までさせた。酔っていたとはい <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#結婚を考えてる彼女をトルコ人に抱かせてみたら

    19-08-21 07:09

    彼女のさおりとは、付き合い始めて2年経つ。 まだお互い大学生だが、すでにお互い、このまま結婚するものだと思っている。 自分で言うのも恥ずかしいが、いわゆるイケメンに生まれたおかげで、女にはまったく不自由しない人生だった。 さおりとの付き合いも、さおりの一目惚れから始まった。 告白されたときに、俺には彼女が二人いたが、すっぱりと別れてさおりと <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4139 ページ/33110件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索