ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

初めて美容室に行ったら、人妻の美容師さんが優しくしてくれた

    19-08-21 06:33

    私の初体験の相手は美容師である人妻だった。 消費税導入に伴い便乗値上げした床屋を替え、美容院に挑戦してみる決意をした事が切欠だった・・・ 今から15年程前の話になるだろうか、当時私は15才だった。 腕とか評判とかでは選ばずに単に安い所を探して入った店では、田中美佐子似のスレンダーな女性が迎えてくれた。 当時大人の女性に強い憧れを抱いていた私は <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

フライト射精ダント

    19-08-21 06:32

    2、3年前JASの国内線に乗ったときのこと。 水平飛行に入って、本でも読もうと思いテーブルを出したところ、 なんか砂糖水みたいな蝋みたいなのでガビガビになっていた。(精液ではないと思うが、、) で、ドリンクサービスしにきたスッチーに言ったところ、すぐ掃除しにきてくれた。 おしぼりみたいなので一生懸命擦ってくれたのだが、なかなかきれいになら <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

父と仲良くなった黒人が母とエッチしてるのを見てオナニーする父

    19-08-21 06:32

    今から十年前位の事です。 私の父は高校の英語教師当時36歳、母は中学の英語教師当時35歳、僕は小学5.6年生でした。 父の高校にアメリカ人で黒人の40歳くらいの英語教師のマック(ニックネームです。本名は忘れました) が赴任してきて、同じ英語教師どうしということで父と親友になりました。 そして、家に泊りがけで遊びに来て、母の手料理で、父と酒を飲んだり、 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

同じ棟に住むママ友に、電マでエッチされちゃいました

    19-08-21 06:32

    郊外の団地マンションで暮らす一児の母、絵梨35歳です。 子供の同級生で同じ棟に住む綾香さんとは家族ぐるみで親しく交際し、休日の遊びや旅行もご一緒に楽しんで居ります。 昼間は私も綾香さんも一人になるので、家事が一段落するとお茶や昼食をご一緒し、身近な話題を中心に時間を過ごしております。 女性同士の話題には生理のこと、避妊の話も自然に出て、夜 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

堅物で貞操観念の強い妻を、スキー仲間の男性に寝取らせてみた

    19-08-21 06:32

    実話です。私 39歳 妻 44歳。年齢だけを見れば妻は熟女です。 しかしいまはやりの美魔女。体型も若い時のまま。10歳以上若く見られています。妻を見た私の友人達は、いずれも「羨ましい」とか「抱きたい」「奥さんを想像で抱いている』とか言われるのですが、そのことを妻に伝えても、にやりともせず「フン」といって相手にしません。 堅物で、貞操観念の強 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

彼女の住んでるマンションのオーナー奥さんは、いつも微エロな格好をして俺を誘惑するw

    19-08-21 10:56

    数年前の話。その当時、花屋に勤めていた彼女とつきあいだして2年ほどが経っていた。 俺も彼女も26歳。週末になると、しばらく前に彼女が引っ越した東京の下町にあるマンションに泊まりに行くというのがお決まりのパターンだった。 マンションと言っても、1階にマンションのオーナー家族、2〜3階に賃貸の6世帯が暮らす小ぶりなもので、彼女はその2階に住んでいた。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

不法投棄を監視してたら不倫カップルが来たが、近所の奥さんだった

    19-08-21 07:25

    私は、田舎で農業をして暮らしている独身男性です。 最近、田んぼ近くにゴミが捨てられる様になり困っていました。 この田んぼは、山中にあり道路からちょっと入った所にあり、車を止めたり、方向変更しやすい様にと数年前に道路を広げ、車2台位停めれるスペースを作ったんです。 しかし、この駐車場のあちこちにティッシュや空き缶、時にはエッチな本なども捨て <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

泥酔女を拾ったけど、獣かよw と思うくらいのあえぎ声だったw

    19-08-21 03:13

    昨日夜にちぃと腹が減ったんで夜にバイクでお買い物チェーンロックする。 「よしっと…これで一晩ここにバイク置いてても邪魔にならないし、盗難の心配もねぇだろ」 バイクの処理を済ますと、泥酔女の所に走って戻る。 泥酔女に上着を着せると、半分引きずりながら、道路まで出る。 「くそっ!こう言う時に限ってタクシーが捕まらねぇ」 何とかタクシーを捕まえて泥 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4139 ページ/33110件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索