ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

やっすいピンサロで、特別なサービスを受けましたw

    19-08-21 03:12

    久しぶりに風俗に行った。 ピンサロで抜き抜きエロサービスで超気持ちよかったです。 夕方にフリーで入って、のんびり待つ。 嬢との対面はひとつの楽しみ。 今日の子はそこそこ可愛い。 愛想も良くて、自分的には満足レベル。 さて、簡単に自己紹介してから隣に座ってくれたんだが、おしゃべりだけで無駄な時間を使うのが嫌な俺は早速話しながら左手で乳を揉む。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

兄貴がいない夜、義姉はエロい下着で私を待つ

    19-08-21 12:56

    母が寝た深夜、私は義理の姉の部屋に入ります。 姉はすでに嫌らしい下着で私を待ってます。 私30歳、兄36歳、義姉34歳です。 兄の赴任が海外に決まった時、兄が女二人(母と義姉)だから家に暫く入って欲しいと頼まれました。といっても週に2日ほどで良いということでした。 私の自宅から会社は電車で1時間半はかかるので、マンションが近く、自宅と交互に行き来する <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲妻が不妊治療のため、精子を競わせようと言ってきた4(転載禁止)

    19-08-21 12:55

    『フフ。あなた、きっと妊娠したと思う。なんか、手応えがあったよ』 麻友は、幸せそうな顔で言います。私は、当然手応えなどありません。でも、麻友の幸せそうな顔を見て、きっと大丈夫な気がしていました。 ついさっきまで、浩くんと激しいセックスをしていた麻友……。でも、そんなことはまるでなかったように、麻友は私に抱きつき、甘えた仕草を見せています <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

友達の彼女を犯して性奴隷にしてみた

    19-08-20 11:51

    友達同士の話なんですが良いですかね? 昨日友人Aと飲んでて聞いちゃった話なんですが、吐き出させて下さい。 大学卒業して2年ぶりぐらいなんだけど、久し振りにAと飲みに行きました。 共通の友人の結婚式があって、俺もAも2次会とか嫌だったんで、フケようかって。 大学時代もそんなに仲の良い友人でもなかったし、なんつ~か社交辞令ってノリでした。 披露 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

隣の部屋のOLがレイプされたので助けたが、それは思っているのとは全然違っていた

    19-08-20 09:08

    信じられない出来事が起きた。 エレベーターを降りると、男が突進してくる。 なんだ!と身構えたが、勢いよく走り去っていった。 ほんの一瞬だが、俺の隣の部屋から出てきたのが見えてた。 ドアが少しだけ空いていて、ドアの下にドライバーらしきものが挟まってる。 妙に気になり、チャイムを押したが応答はない。 拾ってみると、ドライバーではなくアイスピックだ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

妹の部屋にあったビデオカメラを見たらハメ撮り動画が

    19-08-20 09:07

    妹(当時高1)は俺より4つ下って事で、それまでガキ扱いしてきた。 ところが夏休みに入った頃、妹が度々俺のビデオカメラ持って出掛けるようになった。 で、ある日妹の部屋に入ったらビデオカメラがあったんで、何撮ってんだろ?と思って見てみたら、豪華な感じの部屋で妹が同級生くらいの男数人とピースをしていた。 ??と思いながら巻き戻してみると、なんとハメ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

偶然友人を見かけ、尾行したらとんでもないものを見てしまいました!

    19-08-20 09:06

    24歳の俺は外回りの営業をしている。 その日は少し離れた地方まで営業に出て、思いがけず仕事が早く終わったので、その街の郊外にあるモールで休憩しようと向かっていた。 モールのすぐ手前の信号で止まると、俺の営業車の前には、どこかで見たはずの車が停止していた。そうだ・・・友人の純也の車だ。ナンバーも間違いなさそうだ。助手席には誰か座っている。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

私を舐め回すように見えてくるおじさんに、快感を教えられました

    19-08-20 06:30

    取引先のおじさんなんだけど、会社に来るたびに、いつも朋美の全身をいやらしい目で舐め回すように見ていくの。 下品さといやらしさが極限まで募ってくると、不思議なパワーが生まれるらしい・・・。 朋美はそのおじさんに見られるたびに、あそこを濡らすようになっちゃった。 本当に冴えない下品な親父なんだけど、知らず知らず、その圧倒的なスケベパワーに身を <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4139 ページ/33110件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索