ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

転落姦淫妻2

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「転落姦淫妻 」へ 優香は『あぁぁぁっ…はあっ…変な感じ…』と腰をクネクネとくねらせ秘孔はヒクヒクと締まり、指先にキュッと絡みついて崩れていく 『無かったでしょ』と息絶え絶えに言うが 佐田は『もう使ったのか?来る前に使ったのら…こんなに濡れて感じやすいのも納得が出来る』と指を抜いた 優香は『本当に… <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

競泳水着の熟女と絶倫コーチ(12) 再び、淫らな性感マッサージ の果てに…、

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「競泳水着の熟女と絶倫コーチ(1) 」へ 其から真美が失神から目覚めるとその淫らでやらしい風間コーチの辱しめからも、やっとの想いで真美は解放されてラブホの部屋からも風間コーチは既に姿を消して居るみたいだった。 真美は解放された疲れ切った躰をベッドから興すと、 汗と愛液でまみれた超極薄の競泳水着のまま、 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

競泳水着の熟女と絶倫コーチ(13) 再び、淫らな性感マッサージ の果てに…、

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「競泳水着の熟女と絶倫コーチ(1) 」へ とその時だった、真美の愛用のスマホに着信メロディーが部屋に鳴り響き、真美が空かさず着信に出ると着信先の相手は風間コーチからだった。 『あ、真美かぁ…?! 俺…、風間だけどぉ……?♪ 今から真美の部屋に行くけど、いいかな ぁ…?!』 『風間コーチィ……其は構いませんが、 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

競泳水着の熟女と絶倫コーチ(14) 再び、淫らな性感マッサージの 果てに…、

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「競泳水着の熟女と絶倫コーチ(1) 」へ 真美の婚約者の幡中は風間コーチに其以上真美を辱しめるなと必死で心の中で叫んで居たが、 風間コーチはその願いとは裏腹に真美の敏感な性感スポットを厭と云う程辱しめて居た。 『アア…コーチィ…凄い…凄い…… コーチィ…其処ぉ…凄い気持ち …いい…こんな気持ちいいのは … <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

裏・アイドル事情 10

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「裏・アイドル事情 1 」へ 「いっけな~い。新曲のフォーメーションの 指示書忘れてきた。 きっとレッスン場に置いてきたんだわ。 明日までに手直ししないといけないのに」 麻美は鞄の中をいくら探しても見当たらない 書類の為に、折角今駅まで来た道を 引き返さなくてはいけなくなった。 (あ~、私ってなんてドジな <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

競泳水着の熟女と絶倫コーチ(15) 再び、淫らな性感マッサージの 果てに…、

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「競泳水着の熟女と絶倫コーチ(1) 」へ しかし風間コーチはそんな真美を裏切るかの様に真美を焦らして居た。 そんな光景を固唾を呑む様に細いドアーの隙間から覗いて居た幡中は最愛の彼女の真美が一線を其以上越えない様に必死で心の中で祈って居た。 『アア…厭ぁ……コーチィ……じゅくじゅくの淫らな真美のマンコに <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

裏・アイドル事情 11

    15-06-14 09:10

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「裏・アイドル事情 1 」へ 如月瑠衣は透き通るような白い肌が 魅力的な女の子だった。 麻美の初恋の人。 そして苦い思い出の相手。 明るく常に前向きな性格で、 麻美はそんな彼女にいつも 勇気づけられていた。 誰からも好かれる彼女を自分が 独占していることが嬉しかった。 彼女の敏感な体も知り尽くしていた筈だった <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

青い淫靡・義母を堕とした夏

    15-06-14 09:10

    田辺龍彦は中学3年に成る16歳 まだまともな恋愛もした事も無い少年の前に1人の女性が表れた 女性の名前は本上真理子38歳、父親が連れて来た新しい母親がった 龍彦が8歳の時に実の母親は突然姿を消した、父親はその事を何も説明しようともせず龍彦が尋ねても答え様とはしなかった その内龍彦も母親の事は訊く事を辞めた、辞めたと言うより父親との会話事態を避 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)
合計: 4189 ページ/33511件記事
FIRST 前へ 4184 4185 4186 4187 4188 4189 END

お知らせ

なし

小説を検索