ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

予備校で働いて、生徒ではなく同僚とエッチした話

    19-08-25 02:17

    俺が最初に就職したのが、予備校だった。一応会社ということで、このスレに書き込むよ。許せ。 教員免許は国語なんだが、数学の講師が不足しているということで、数学を教えることになった。 予備校だから、別に免許も必要なくて、何を教えても良いわけだ。 職員室があって、たいてい俺たちはそこにいるんだが、そのほかに事務室があった。 事務員は女性二人、一 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ネットで知り合った人妻にパソコンレッスンがてら肉弾レッスンもしたw

    19-08-25 12:05

    半年ほど前に32歳の人妻さんとで知り合いました。 お互いに既婚者ということで比較的早く仲良くなれました。 彼女はパソコン初心者で色々アドバイスしているうちにメールでは伝わりにくいと言われたので 「今度、お会いした時に教えましょうか?」とダメ元で誘ってみると 「良いですね。教えて下さい。」と誘いに乗ってくれた。 早速、待ち合わせの日時を決めて当 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

△妻が追突事故を起こしたことで、ヤクザの真珠入に狂うことになりました3(転載禁

    19-08-25 12:05

    妻は、私に抱きつきながら、 『あなた、凄く素敵でした。はしたなくてごめんなさい』 と、恥ずかしそうに言ってきました。私は、妻のことを抱き寄せながら、避妊をしていなかったことを大丈夫かと質問しました。 『う、うん。大丈夫だと思う。パパ、気持良かった?』 妻は、話をそらすように話題を変えました。私は、凄く気持良かったと言いました。 『私もだよ。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

少年野球をきっかけに知り合った夫婦と寝取られ願望を満足させるために……

    19-08-25 12:04

    私42歳、妻40歳今から3年前の出来事をお話します。 私の息子が小年野球をしていた頃、途中でI君親子が同じチームに入って来ました。 I君の父親は大学時代まで野球をしており、実際に野球の話をしていても、失礼なのですが、チームのコーチや監督よりも野球の指導方法や理論に長けているという感じがしていました。 I君は気さくな子供でチームにも直ぐに溶け込み父親 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

元カレと不倫旅行に行く妻を喜んで送り出す夫

    19-08-25 08:14

    何といいますか、この夏はホントに色々な出来事が起きて戸惑っています。 自分でも何をしているのか信じられない。 ボーッとしてる間に、まるで映画のシーンのように自分のまわりが動いているみたいで。 はじまりは、元彼との一泊旅行でした。 いえ、その前にはじまりはありますが、ホントは・・・。 元彼との旅行なんて、夫にナイショというのが普通だと思います <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

4人の痴漢に露出プレイの扉を開けられた二児の母

    19-08-25 02:52

    結婚して二人の子供もできて、普通に主婦をやっています。 容姿にはそれなりに気を使っていますが、もう32歳。私は痴漢などされるような事はないと思っていました。 パート仲間と女子会の帰り、駅まで歩いてる途中、男4人にナンパされました。 「飲みに行こう。カラオケ行こう。」久しぶりに声掛けられてちょっと嬉しかったので、誘いには乗らなかったけど愛想 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

病院で寝ている私のアレをさすっていた人妻ナースと

    19-08-25 02:52

    5年前のことなんですが、父が末期癌で個室に入院中に、付き添いをしていた時のことです。 付き添いといっても、夜間父は睡眠薬で寝ているので、特になにもすることがなく、私も付き添い用ベットで寝てました。 看病で疲れているのに精神は昂ぶっているような状態で、うとうとしていたらギンギンに勃起していました。 その状態を、1時間ごとの巡回の看護婦さんにし <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった完(転載禁止)

    19-08-25 02:52

    僕は、ペニスを握ったまま完全にフリーズしていました。ドアが開いた音すら気がつきませんでした。加奈子は、妖艶な笑みを浮かべたまま近づいてきます。僕は、言い訳のしようもない状況に、ただ固まっていました。 『やっぱりオナニーするんだね。私が他の人とエッチしてるのって、そんなに興奮するの?』 加奈子は、すでに僕のすぐ横にいます。僕は、慌てて動画 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4159 ページ/33272件記事
FIRST 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索