ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

嫁を会社の後輩に抱かせようかと思っていたら、先に部長にやられた嫁を会社の後輩に抱か

    20-05-28 05:57

    163 :えっちな18禁さん :2014/07/25(金) 02:08:44.29 嫁に可愛いよって言うのが恥ずかしくて、 いつも後輩がお前のこと可愛いかわいいって言ってるぞって言って、 嫁が喜んでる姿見てこっちもほっこりしてたんだけど 嫁がその後輩に興味を持ち始めて若干複雑な心境。 でもデートとかさせる展開とか全然想像つかないし、そうなったとしても 興奮より吐き気するだろうな…。 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

△マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた5(転載禁止)

    20-05-25 12:26

    早紀は、背泳ぎのバサロのような動きを続けながら、自分で乳首を触り続ける。正常位で繋がりながら、女性の方が積極的に腰を動かす状態……。あまりにも卑猥な感じがする。 私は、射精してしまったにもかかわらず、まったく興奮が収まる気配がない。早紀が、積極的すぎる動きで浮気をしている姿……。私が妄想していた姿よりも、さらに卑猥な姿だ。 「そんなこと <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#自慢の可愛い嫁は、むかし野球部のフェラペットだった(オリジナル 転載禁止)

    20-05-15 12:56

    嫁と結婚して5年目に入ったが、まだ新婚の気分が抜けてない。子供を作っていないこともあるかもしれないが、嫁がすごく可愛いからだと思っている。 嫁の詩織は、先月27歳になった。僕の2つ下だ。もともと色白で童顔なので、歳よりかなり若く見られる。昔野球部のマネージャーをしていたせいか、色々と細かいところにも気が付く良い嫁だと思う。 夫のひいき目を抜き <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました5(転載禁止)

    20-05-14 02:58

    健也くんとの共同生活は、当たり前の日常になってしまった。朝一緒に朝食を食べ、嫁と健也くんが一緒に出社する。そして私も、会社に行く。 帰ってくると、だいたい夕食が準備されていて、3人で夕食を食べると言う流れだ。ただ、嫁は健也くんと夫婦として過ごしている感じで、私は同居人という感じになってしまっている。 嫁は、健也くんに対して甘えた仕草を見せ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました3(転載不可)

    20-05-14 02:54

    恭子の口の中に驚くほど大量に射精をしながら、僕は情けない気持ちになっていた。あまりにも早い射精……。橋元さんは、淡々と恭子を後ろから犯し続けている。 恭子は、僕のペニスを口から吐き出し、精液もダラダラと垂れ流す。そして、口の周りを精液まみれにしながら、僕の方を見つめてくる。 『き、気持ち良かった? 満足?』 恭子は、苦しげな感じで聞いてく <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた完(転載禁止)

    20-05-13 05:21

    僕は、声を出さないように射精し続けた。優花が、ソファの上で宮田さんとキスをしながらセックスをする姿……。それを見ながらする射精は、今までの人生で一番気持ち良いと思ってしまうほどの快感だった。 「コンドームがないと、そんなに違いますか?」 宮田さんは、腰を動かしながら質問する。 『全然違います。広がったところが、気持ち良いところをゴリゴリこ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

△マンネリ気味の嫁に、温泉宿で性感マッサージを受けさせてみた4(転載禁止)

    20-05-11 01:09

    「え? まだするんですか? さすがに、ご主人起きちゃいませんか?」 高藤は、驚きを隠せない感じで言う。驚いているのは、私も同じだ。あれだけ激しいセックスをして、あれだけ快感を得たのであれば、もう満足したのではないか? そんな風に思っていた。 『まだダメ。こんなになってるんだから、まだ出来るでしょ? 私を目覚めさせたんだから、責任取ってもらわな <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#嫁が借金を身体で払ってた

    20-05-07 02:01

    最近、嫁が急に変わってしまいました。 僕は32歳の会社勤めで、嫁の環奈は26歳の専業主婦です。 結婚してまだ2年弱で、付き合い始めた時は、環奈はある企業の受付嬢でした。つい最近まで嫁はそこで働いていたのだけど、結婚を機に仕事も辞めてもらいました。 収環奈の職場の男性や、お客さんで来る男性のことがすごく気になっていた僕は、付き合っていた時から、早 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4467 ページ/35735件記事
FIRST 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

カテゴリ

小説を検索