ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

午後2時の不倫妻(60) 淫らな全身マッサージの果てに…、

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「午後2時の不倫妻(1) 」へ 『アッ…アア…ンン…部長さん…駄目なのにィ……アア…ン…駄目だったら ぁ……!!』 と云って夏奈子は部長さんの執拗に這い廻る指先を夏奈子のしなやかな指先で掴み抵抗するも、 男の強い力で何度も勃起した肉芽に篤いシャワーの水流を辱しめる様に浴びせられながらゴツい指先で弄り廻されて <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

息子の嫁とまぐわって。

    15-06-14 09:13

    私は満64歳の現役会社員のおやじです。頭髪も薄くなり、腹は90㎝のメタボです。 最低限の身嗜みと軽くコロンをはたいています。こんなおやじの私ですが半年前から息子の嫁と肉体関係を持ち続けています。 きっかけは息子夫婦は結婚し3年目で最初から同居生活をしてきました。妻は5年前に病気で他界し、息子夫婦が私に気を使い同居してくれてます。 そんな息子夫 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

息子の嫁とまぐわって。15

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「息子の嫁とまぐわって。 」へ 儂は足元にブリーフとステテコを絡ませたまま夏帆に引かれるようにソファーに雪崩ました。 キスをしながら胸を揉みくだします。 ぴちゃぴちゃレロレロと卑猥な音を立てながら、必至に互いの舌を貪ります。夏帆の豊満な乳房を手のひらで乳首を押しながら揉んでいく。惜しむように、唇が <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

狂女16

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「狂女 」へ 加奈さんも両脚を折り曲げて力無く座り、グロテスクな割れ目から白くどろどろした精液がゆっくり溢れ出てくるのが見えた。 割れ目を剥き出しにしたまま口を開けてうっとりしている様子がセックスだけのために生きている白痴という感じで、この女を征服した満足感に浸った。 しかし、開いたままになってい <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

真昼の秘め事(2)

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「真昼の秘め事 」へ そこはマンションの様な建物で雑居ビルの喫茶店のエレベーターより少し広いエレベーターでエレベーターが開くとそこはラブホテルでした しかし、部屋に入るまではラブホテル感は無くて『何もしないから…カラオケだけ…』 部屋に入り私が歌い河村様が歌う、河村様が私に『次は何を歌う?』と戻っ <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

真昼の秘め事

    15-06-14 09:13

    私には夫以外にご主人様がいます。そしてご主人様に命じられ平日の昼間に夫やご主人様以外の男性にメール調教や性奴隷調教されている不貞主婦の絢香と申します 事の始まりは現在の家に越してきた五年前まで遡ります 越してきたばかりの私は近所に知り合いも無く近所の奥さんに誘われて喫茶店で奥さんと待ち合わせをします そのお店は駅前の雑居ビルの三階にあり小 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

真昼の秘め事(3)

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「真昼の秘め事 」へ 河村様は満足そうに『じゃ、これ付けて来て』と紙袋を私に手渡し紙袋を開けると中には極太バイブが入っていました 前にも書きましたが喫茶店は入り易いのですが出にくい構造になっています。出入口には従業員が立っていて…絢香は紙袋を持ち従業員に『あの…おトイレは…』案内されたおトイレは人 <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)

狂女17

    15-06-14 09:13

    この話はつづきです。はじめから読まれる方は「狂女 」へ 肉欲に溺れた翌日には同級生と清いデートをする・・・まるで両刀使いみたいだが、加奈さんとは裏の面だと割り切ってその日の朝から友里恵さんと名古屋のデパートや地下街で遊んだ。彼女は僕を真面目な同級生だと相変わらず思い込んでおり、その仮面が剥がれないように努めた。 薄っすらとした化粧に、ピン <<すべて読む

    カテゴリ: 官能小説 | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 4235 4236 4237 4238 4239 4240 END

お知らせ

なし

小説を検索