ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

※黒髪清楚なまりちゃんと満員電車で超密着した

    19-10-19 01:26

    朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。社畜と言う言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。本当に、身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。 柔らかい感触と、良い匂いを満喫しながら、痴漢に間違われたらヤバいなと思い、両手を上に上げる俺。今日も、なかなか強烈な状態になっ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ここ十数年、私は甥っ子に飼われてます

    19-10-19 01:26

    私は48歳のバツイチの淫らなおばさんです。 ここ十数年、甥っ子に飼われてます。 離婚の時に、実家が離れているので、姉の家に間借りさせてもらったのです。 甥っ子とは、もともと共通の趣味があり、二人で出掛けたり、夜遅くまでお互いの部屋で話したりすることもあり、それが、当時ストレスが溜まっていた私には、すごく気晴らしになっていました。 安心していた <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

会社の飲み会で、ぐでんぐでんになった同僚女子を自宅に連れ込みました

    19-10-19 11:34

    先週末、社内の送別会があって同じ所内の3年目営業女とワインバーに二次会に流れたら、ぐでんぐでんに酔っぱらっちゃったんで、自分の部屋まで連れて帰っちゃったんだよなぁ。これからの接し方に多少悩むんだよね… 課長に辞令が下りて有志だけでとりあえず送別会ってことで居酒屋に集合となり、7人が参加して始まった。 所長とかの上司のいないゆるーい飲み会だ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

妹のギャルな友達とのスゲぇエロい体験談

    19-10-19 09:38

    俺には4つ年下の妹がいます。 兄の俺が言うのも変だけどわりと可愛い顔をしてて、俺とは対照的にモテるタイプ。 中学になってからギャルに変貌して、高校生の時は凄かったです。 連れてくる友達もみんなすげぇ~ギャルだし、やたら兄貴の俺に馴れ馴れしいし。 それでも女っ気の無い俺にとっては、ちょっとした天国だったんだけどもw だってパンチラとか日 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

小中の同級生を酔わせて言葉責めしながら抱いてやったw

    19-10-19 07:19

    今回酔わせた相手は小中の同級生、亜希。 顔は中の上で、背も高め、スタイルは学校の男子の注目を集めるぐらいよかったです。 成績はいいほうでしたが性格はものすごく生意気でした。いつも先生にチクるタイプの女でした。 大学の時、上京組で飲んだとき酔い潰すことに成功。そのまま連れて帰りました。 俺はまずふらふらの亜希を布団の上に寝かせて電気を消した <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

5年生の息子のペニスをいじるのが止められません……

    19-10-19 03:10

    5年生の息子のペニスをいじるのが止められません。 最初はふざけ半分で洗ってたら勃起してしまい、その予想外の大きさに驚いてしまいました。それ以来、息子の勃起が見たくて毎日のようにお風呂でさわってしまい、昨日ついに射精させてしまいました。 5年でも射精できるって知らなかったので本当にびっくりしたのですが、ものすごく興奮してしまいました。 バツ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

デリヘル行ったら同級生がいた。今では彼女です。

    19-10-19 03:10

    スペック ・俺 当時19歳 大学1年 フツメン(だと思ってる) 童貞 現在22、大学4年 ・女 当時18歳 浪人生 現在22、大学3年 結構可愛くて話も面白いので高校時代友達グループと一緒に授業の合間に話して過ごしてた 両親は片親しかおらず、母も小学校時代に他界で施設育ち 当時俺は大学1年。 大学生ともなったらさすがに浮いた話が良く聞こえてくる 高校から一緒だった奴と大 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

両親のセックスを見たことがきっかけで、近親4P生活が始まった

    19-10-19 03:10

    私の家族は、両親と妹の4人家族です。これは私が14歳頃のことです。 当時の家は1LDKの平屋で、10畳の和室で家族全員が寝ていました。 部屋の端から妹、私、母、父、の順で布団を並べていました。 ある夏の蒸し暑い、土曜の夜でした。 寝苦しさで目を覚ました私は、「ぁ、ぁっ」という小さな声を耳にしました。 紛れもなく母の声です。荒い息とチュッチュッと <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索