ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

幼馴染みからの突然の連絡は……

    19-10-16 09:08

    19 名前:18 投稿日:2008/03/15(土) 23:05:32 ID:8c4tywVL0 俺には千里ちゃんという物心ついたときからの幼馴染がいて、ちーちゃん、ちーちゃんと呼んでいた。 周辺に俺たち以外子供のいない地域だったので、いつも一緒だった。 しかし中学校に上がる前にちーちゃんが引っ越してしまい、それ以来交流は無くなった。 親同士が仲が良かったので、俺が中学や高校に入学とき、お祝 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

※合格のご褒美に何でもしてくれると言った嫁を他人に抱かせた(転載禁止)

    19-10-16 08:02

    『本当に、するつもりなの?』 嫁の美穂が、少しあきれたような顔で言う。 「ダ、ダメなの? 約束したじゃん!」 私は、慌ててそう言った。 『それはそうだけど、どうしてそんな事したいの? 違うか、させたいの?』嫁は、本当に理解出来ないという顔だ。私は、何度も説明した事をもう一度話した。 私は、昔から寝取られ願望がある。中学生の頃に見た青年コミック <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

憧れの女先輩の放尿を見てしまって

    19-10-16 08:01

    こんにちは。 僕は某会社で去年春から働いています、佐藤洋一といいます。 今年で24歳になります。 僕の職場には、今年で31歳になる主任の女性がいて、僕は今、主にその先輩とペアを組んで仕事しています。 その先輩は田中美樹さんという方で、とても優秀だけど優しい、キャリアウーマンの見本みたいな女性です。 田中さんはスタイルが良くてパンツスーツ姿がとても <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

    19-10-16 04:12

    最近、大学の頃の友人の悦治がよくウチに遊びに来るようになった。大学卒業後、徐々に会う機会が減っていき、ここ3〜4年くらい会っていなかったのに、偶然仕事で絡むことになり、昔のように一緒に遊んだり食事をするようになった。 嫁の麻衣も、温和で話題豊富な彼が遊びに来るのは楽しみのようだ。まだ私達が子供を作っていない事もあり、二人きりだと会話も減っ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲おっぱいパブに行ったことが嫁にばれて、寝取られ生活が始まりました3(転

    19-10-16 04:12

    麻衣子は、廊下に飛び散った物を舐め続けている。リングのついた異形のペニスで狂わされ、お漏らしまでしながらイキ狂っていた麻衣子……。 僕は、そんな麻衣子を見て固まったように動けなくなっていた。でも、股間だけは激しく勃起している。 そして、麻衣子は床をすっかりと舌で綺麗にすると、 『急に呼んでごめんなさい。でも、嬉しいです』 と、可愛らしい声 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

近所のコンビニの美人店長は人妻だけどw

    19-10-16 04:12

    これは僕が高3の時の話。 僕は実家を離れて1人隣県の高校に通ってました。 高校からアパートまでは結構遠くて自転車で30分くらいの距離。 3年の春頃、その通学路の途中にコンビニ(青と白のストライプの制服)が一軒できた。 既に他のコンビニは何軒かあったけど通学路からは離れていて、そこができてからはや登校の途中や学校帰りにほぼ毎日寄っていた。 道沿いで <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ディンクスで強気の嫁が上司に子宮まで犯されて……

    19-10-16 12:04

    嫁の怜井子(れいこ)とは結婚してまだ1年半。 32歳の同じ歳。 職場結婚。 大手ハウスメーカーに勤務。 ダブルインカムノーキッズ。 世帯年収は1000万を越えている。 月並み以上に余裕のある生活を送れていた。 始めの頃は俺の方が引っ張っていくような関係。 今は尻に敷かれている関係。 嫁の方が出世が早い。 事もあろうか俺の上司になってしまった。 当然、嫁の方が <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□倦怠期のセックスレス解消に、妻に3Pを提案したらあっさりOKだった(転載禁止)

    19-10-16 12:04

    「え? 良いの? 本当に?」 弘幸は、ビックリした顔で言う。妻のゆり子は、 『うん。少し興味もあるし、弘幸さん、ずっと前から興味あったんでしょ?』 と、少し笑いながら言う。その顔は、怒っているわけでもなく、軽蔑しているような感じもない。弘幸は、自分で言い出したことながら、3Pをしてみたいという提案に対して、ゆり子がこんな反応をするとは思っても <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索