ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました2(転載不可)

    20-04-19 01:24

    恭子は、ぐったりとうつ伏せになったままだらしなく脚を拡げてしまっている。アナルからは精液が流れ出ていて、まだ穴が開いたように開いてしまっている。 でも、そんなことよりも気になってしまうのが、恭子の膣周りが濡れて光っていて、膝のあたりまでそれが続いていることだ。もしかして、感じてしまっている? 僕は、そんな疑念を持ってしまった。 「まだ終わ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#酔い潰れた僕に隠れて、嫁に手コキを教えるアイツ完(転載禁止)

    20-04-13 11:27

    僕は、パンツの中を精液でグチョグチョに汚しながらも、画面を凝視している。嫁は、電マを当てたまま潮吹きをして身体を痙攣させるように震わせている。 『もう無理! とめてっ! 死んじゃうっ! うぅああっ!!』 嫁は、ほとんど叫ぶような声で言う。でも、直人はニヤニヤしたまま電マを嫁のアソコに当て続ける。透明のしぶきが飛び散って、そこら中を濡らしてし <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□僕のミスのせいで、嫁のアナルを開発されることになりました(オリジナル 転載不可

    20-04-10 12:03

    『あなた、もうそろそろ時間だから、お願い出来ますか?』 嫁の恭子が、少し慌てた声で言う。僕は、ノートPCのキーボードから手を離し、 「ゴメン、もうそんな時間なんだ。すぐ用意するね」 と、言った。そして、仕事を中断してサイドボードの中からいつものものを取り出す。 嫁の恭子は、おもむろにスカートをまくり上げると、ショーツも脱ぎ始めた。薄いヘアに肉 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

彼氏に貢いでる同僚女子社員をセフレにした話 | エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

    20-04-07 10:08

    これはいまから23年前の話である… 『ねえ…どうしよう…おしっこしたくなっちゃった…』 車をある採石工場の一角に停めて話していたときのこと… 夜中でもあったが、コンビニでも行けばいいのに『そこでしてこいよ…』 『えー?マジで…恥ずかしいよ…』 『誰も来やしないよ』 『んもう…んじゃあしてくる…見ちゃダメだよ?』 『…ああ』と言って助手席から出てい <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

訪問販売中、美人の若妻さんと二人きりになったので寝取ってみました | エッチな体験談や

    20-04-07 12:32

    昔、訪問販売をしてたんだけど、昼間『声掛け』っていう、夜に商談するためのアポを取る作業をしてた。 その時、凄く美人の若妻さんが出てきた家があった。 仲間由紀恵に似てたって思う。 長い黒髪が印象的だった。 旦那と夜に話が出来るって事でアポ取って夜に行ったんだけど、旦那は急遽飲み会で不在に。a 俺も他にアポ取れず、行くとこないんで奥さんと話をした <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲嫁がナンパされたことに嫉妬した結果、パート先の共有物になりました3(転載禁止

    20-04-05 12:37

    私は、必死で声を押し殺しながら、射精の快感に耐えていた。倉庫の中で、嫁は足場用の単管で作られた拘束台にくくりつけられたまま、ぐったりとしてしまっている。気を失ったような状態だと思う。 そして、足下には嫁が漏らしてしまった排泄物が見えている。快感のあまり、漏らしてしまう……。そんなことが本当にあるんだなと、驚くばかりだ。 「ホント、ハマち <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

飲酒運転してしまった妹(人妻)が、事故って廻されました | エッチな体験談や萌えた体験

    20-04-05 09:40

    営業職、独身です。 亡くなった両親が残してくれた古い一軒家に一人で暮らしてきました。 この間、離婚した妹と会社帰りに待ち合わせて、駅前の居酒屋で相談に乗っていました。 妹は結婚して3年、子供ができなかったのは不幸中の幸いだったと思います。 その帰り道、代行を頼むのは勿体無いと言う妹が、「少ししか飲んでいないし大丈夫」と言うので、私の営業車 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

▲自慢の嫁が、俺の借金をお口で返してくれた

    20-04-05 12:02

    「もう、100万くらい行ってるんじゃね?」 祐介があきれたような顔で言った。祐介は、俺の大学のときからの友達で、社会人になった今も親友だ。 「いや、89万5千円だよ。ていうか、また上手くなってないか?」 俺は、スマホのメモアプリを見ながら答えた。祐介とは、大学の頃からビリヤードをよくやった。そして、毎回賭けで勝負をしているが、実際にお金のやりとり <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索