ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

公園で露出オナをしてたらJK二人組に見つかってオワタと思った | エッチな体験談や萌えた

    20-03-17 11:58

    2週間前の出来事です。 私(40歳・会社員)は仕事帰りの途中にちょっとした露出プレイをするのが趣味になっています。 その日は、ある大きな公園に車を停めて、池のほとりのベンチに腰をかけていました。 おもむろにファスナーを下ろし、ペニスを玉も一緒に取り出し右手で触り始めます。 ゆっくりと時間をかけて勃起させていきます。 発射しそうになると、手の <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

オナニーしようと思ってたら、妹と映画鑑賞会になり | エッチな体験談や萌えた体験談ブロ

    20-03-17 11:56

    俺は21歳、独身、彼女なし。 仕事帰りに食事を済ませて、レンタル屋に寄ってAV2本とバイオハザード4を借りて、せんずりして、酒飲んで、バイオハザード観て寝るぞって計画を立てて家に帰りました。 俺は家に着くなり自分の部屋に直行する予定だったが、2階で妹とばったり会ってしまった。 「おかえり、何のDVD借りてきたの?」 「バイオハザード」って <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

バカ妹がドンキでローションの素を買ってきて風呂に投入したw | エッチな体験談や萌えた

    20-03-17 11:56

    先週末だが、俺が風呂に入ってると、来春に高校を卒業する妹が乱入してきた。 もちろん裸じゃない。 「なんだよ?」って聞くと、「ドンキで面白い入浴剤見つけたから、試しに来た」って言う。 で、なんか小袋を開けて、中の粉を風呂に入れて、かき混ぜろって言い出す。 混ぜてたら、なんかヤバイ感触になる。 「なんだこれ?」 「キャハハハハハ、これローション風 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

電車で痴漢トリオを結成した思い出電車で痴漢トリオを結成した思い出電車で痴漢トリオを

    20-03-17 11:53

    いつも最強線で通学している2年の男子です。 先日は人生変わる様な凄い経験してしまいました。 確かに最強線は込みますが僕はいつも遅い時間帯で通学していたのでラッシュのピークはずれていました、しかし、たまたま学祭の準備でいつもより早い電車に乗った時の事です。 いつもMウラワから乗るのですがいつもの様にホームに上ると、見た事のあるセーラー服の女子 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました(転載禁止)

    20-03-16 06:38

    「それって、家政婦とは何が違うの?」 僕は、嫁に質問した。嫁が提案してきた話は、僕の知識では一発で意味が理解出来なかった。 僕が職場の人間関係で心を病んでしまったことで、経済的に苦しい状況になってしまった。僕の実家も嫁の実家も色々と助けてくれてはいるが、将来のことを考えると気持ちは暗くなる一方だった。 そんな日々が続く中、嫁がパートをやめ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

私一度寝ちゃうと全然起きないタイプなんですよ! | エッチな体験談や萌えた体験談ブログ

    20-03-16 06:37

    これは僕が昔に体験したお話です。 その前に僕の紹介をさせてもらいますが、僕はルックスがメガネデブなので初対面の女の人からは嫌煙されがちなタイプの男です。 趣味も盗撮やスカトロ物が好きで、自分でも変態だと思います。 昔から機械系の物が大好きで、いわゆる「秋葉系」の男と思って下さい。 でも、大学生時代に悪い友達に利用されながら、風俗のイベント <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

□働けなくなった僕の代りに、嫁がレンタル妻を始めました3(転載禁止)

    20-03-16 06:30

    精液まみれのペニスを晒した状態で声をかけられた僕は、言い訳の言葉一つ思い浮かばなかった。でも、有美は冷静に話を始める。僕は、呆然としながら有美の言葉を聞いた。 有美の言葉は、まったく想像も出来ないような内容だった。聞いても、話の内容を理解することが出来なかった。有美は、淡々と説明を続ける。 有美の話してきた内容は、動画の男性と本当に結婚 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#真面目な営業さんとミニスカの嫁を二人きりにしてみた(転載禁止) | エッチな体験談や萌

    20-03-16 06:29

    『でも、そんなことして本当に襲われちゃったらどうするの?』 優花は、少し心配そうに言ってきた。僕は、 「イヤ、襲われるって事はないでしょ。宮田さん、そんなキャラじゃないよ」 と、答えた。 『だったら、そんなことしても無駄じゃない?』 優花は、キョトンとした顔で言う。 「宮田さんだからだよ。真面目で優しそうな彼が、どんなリアクションするのか見た <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索