ハッピーライフ-官能小説(happylives-novel)

牝獣(ひんじゅう)となりて女史哭(な)く牡丹の夜 ——日野草城

ホームページ 戻る 

□いつも僕を尻に敷いている姉さん女房が、元彼の前では牝だった完(転載禁止)

    19-10-15 06:51

    『あ~あ、ホント、あっけなく出しちゃったな』 香織は、あきれたような顔で言う。僕は、射精の興奮が収まらないまま、ゴメンと言った。 『別に良いけど。でも、こんなことで喜ぶなんて、本当に理解不能だよ』 香織はそんな風に言うと、口の周りの元彼の精液を手の甲で拭い取った。 「あぁ、気持ち良かった。相変わらず上手いよな。どうする? 食べ終わったら続き <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

職場の同期の人妻は酔うと記憶がぶっ飛ぶと有名だった

    19-10-15 05:43

    某工場に入社して15年が過ぎようとしています。 1年程前に人事異動で、私は違う職場に移動になったんです。 その職場には同期の女性(由美子)がいます。 彼女は10年程目に結婚し、今は1児の母だったと思います。 童顔な彼女はポッチャリ(ちょっと太めかなぁ)体系で、大人しい感じでしたが酒を飲むと人が変わると言う噂があったんです。 その日は、私を含 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

怪しい妊娠をした彼女にソープで働いてるのかと聞いたら、ソープではないと言われた

    19-10-15 02:00

    風俗系の体験談なのでちょっとスレチかもしれないけど良いかな? 先月の終わり頃、突然彼女から「生理がきてない」とメールをもらった。 えっ?妊娠した?マジで?と焦りながら返信すると、まだ分からないという。 「ちゃんと確かめろよ」とマツキヨとかで売ってる判定キットを勧めた。 いつもこんなに遅れる事無かったのに・・・ どうしよう・・・デキちゃってた <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

少しあそこが緩めの妻は貞操観念もユルユルだった

    19-10-15 12:43

    これも60%は事実です自分の妻の話です…大人の文章で名作にしてくれれば幸せです何時でも良いですので… 結婚して12年経ちます子供は一人で9歳でやっと手が離れた感じですそれに妻は37歳熟女盛りの1番綺麗な時です。 私が言うのも変ですが妻は少し大柄な体系ですが「ボン・キュッ・ボン」という体系でメリハリが有ります。 顔もそこそこで胸も巨乳でそそられます市 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載

    19-10-15 12:43

    ちょっとした俺の嫉妬心がきっかけで、嫁を他の男とデートさせるようになった。相手は、嫁がパートしている先の社員の男で、5つも年下だ。 俺と嫁は、学生時代に知り合い、6年交際して結婚した。まだ子供はいない。子供が出来るまでの暇つぶしみたいな感じで、嫁はパートに出ている。 嫁の理恵子は、パッと見地味なタイプで、性格もどちらかというと控えめなタイ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

※兄嫁の下着に顔をつけて匂いをかいでいたら、兄嫁が急に入ってきた

    19-10-14 07:49

    僕は、今年から大学に通うために、兄の家に住ませてもらうことになった。12歳も年の離れた兄は、大学の時から東京で暮らしていて、岐阜の田舎で暮らす僕の憧れだった。 僕は、久しぶりに兄と一緒に暮らすことと、東京に行けるということが凄く嬉しかったけど、それだけではなく、兄の嫁のまゆさんと暮らすのも楽しみだった。 まゆさんと兄は、2年前に結婚した。兄 <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

ヤクルトの人妻売り子さんと 今では私の妻です

    19-10-14 06:22

    ある日、やたらかわいらしい女の子が事務所に来た。保冷バッグ抱えてる。 ヤクルトの売り子さんて高校生のバイトもあんの? あれ、でも学校は? とびっきりの笑顔(死語)で「いかがですか?」って、かわいいなあ! 思わず「全部下さい」って言ったらなぜかケラケラとバカうけ。 ツボ浅いなおい。 固定客もいるから全部は売れんってさ。 ルート回って、売れ残った <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)

怖れを知らない3人組にあっさりイカされた私は……

    19-10-14 05:07

    恐れをしらない痴漢達。女暦を20数年もやってると、人生の中である程度の痴漢とか変態には遭遇するものです。しかし、その大半は未遂や少しの犠牲で終わり、気が付いたら自分も忘れてるというのが殆どです。 ですが、あくまで痴漢なので、この話に挿入とかはありませんが、この話を誰に聞いてもらっても「それはないわ・・」と絶句される痴漢体験を発表してみ <<すべて読む

    カテゴリ: 分類なし | すべて読む(0)
合計: 4240 ページ/33916件記事
FIRST 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ END

お知らせ

なし

小説を検索